空き巣の侵入

住宅や店舗へ空き巣が侵入した後に鍵交換を依頼されることがよくあります。
被害にあわれたところへ作業に行くのはなかなかつらい仕事ではあります。

この間は店舗で空き巣の被害にあわれた方のところへ出張してきました。
鍵を交換しに行ったところ、その時はまだ事件直後で警察の方も残っていました。
お客様も気が動転しているようで、憔悴しきっていました。

そこでお客さんが「鍵屋さんはどう思いますか?どんな人がうちを狙ったんでしょう?」と質問してきました。
警察の方もいましたので差し出がましいとは思いつつも、鍵をよく観察して、鍵屋ならではの意見を述べさせてもらうことにしました。

まず、現場をよく観察すると鍵の差し込み口にはドライバーなどの工具をさしたような傷が残っていました。
そしてシリンダーカラーにも工具がむりやり差し込まれてめくれあがっていました。
ドアとドア枠のあたりもこじ開けようとしたような痕跡が残っています。

しかし、受け金具やサムターン、シリンダーの内部などには傷は一切なかったのです。
また、シリンダーもピッキングできないタイプの鍵穴でした。

これをみたところ、自分なりの推測がたちました。それは内部、あるいはかつてこのお店で働いたことのある従業員のしわざなのではないかということです。
なぜならピッキングによる犯行でもなく、ドライバーで開けられるものでもない。工具で開けられた形跡は残っていないので犯人は合鍵を使って開けたのではないかということが予想されるからです。

従業員が入れ替わるとやめた人が鍵を不正に複製して悪用する可能性があります。鍵の管理には十分注意して、定期的に鍵の交換をするようにしましょう。

 

おすすめの鍵屋サイト

八王子市の鍵交換はこちらの鍵屋さんに相談しましょう

練馬区の鍵紛失など鍵トラブルに対応する鍵屋です