by

不法占拠

鍵屋でよくある仕事が住人の安否確認です。
家族や友達、近所の人と連絡がとれなくなったから家を開けて欲しいというご依頼です。

依頼者が本人出ない場合には警察の立会いとなることもあります。

今回はマンションの一室で異臭がするから安否確認をしてほしいということでした。
異臭ということは中に閉じ込められている人はもうお亡くなりになっているのではないか・・・という嫌な予感がしてきます。
しかし、現場付近に行ってみるとたしかに異臭はするのですが、人が亡くなったときの異臭とは違っていました。

しかしとにかく強烈なニオイで鼻を摘んで作業したいほどでした。

警察官の方に鍵が開いた時に第一発見者にならないように中を見ないで下さいと支持されました。
第一発見者になってしまうと調書をとられたりといろいろと面倒な手続きが必要になってしまうのです。

ドアがあいて警察の人が中を確認したところ、中に死体はありませんでした。
ほっとしたところですが、実はその中には大量のゴミがあったのです。
ドアを開けた瞬間黒い虫が部屋の中から一斉に飛び出して思わずのけぞりました。

人が住んでいる様子があるということで、どうやらいつのまにか何者かが不法に占拠していたということです。
鍵屋をしているとこういう現場に立ち会うこともあるのです。