by

金庫の鍵開け

金庫の鍵開けで呼ばれることも多いです。
金庫の鍵開けといってもいろいろな状況があります。
単に金庫の中の書類を取り出して欲しいといった依頼もあればもっとヘビーな状況の場合もあります。

例えば金庫の持ち主が亡くなった時です。
お葬式が済んですることといったら財産の分与です。親族にとってはこれが一番気になるところです。

金庫の鍵開けを依頼されて家に招かれると大勢の人が喪服をきて待っています。そして今か今かと金庫が開くのを待たれるのです。

開錠の作業をしている間、親族の方々がじっとこちらを見ているのでいつも以上に開けるのに緊張してしまいます。

そして鍵が開いた瞬間、たくさんの親族の方々が金庫に群がってきます。そうなるとみんな鍵屋がいることなんてそっちのけで金庫の中の物を物色しだすのです。
金庫に入っているものは通帳や株券、その他土地の権利書などなど・・・。

そしてしばらくするとようやく鍵屋の存在を思い出してくださって、作業台のお支払いをしてもらえます。

金庫の中にあるお金でそのまま支払いしてもらったこともあります。古いお金がでてきて聖徳太子のお札でお支払いされたこともあるんです。このお札、貰ったはいいけど本当に使えるのかな?と思ってしまいました。
なんとなく、使うのがもったいない気がしてまだとっておいてあります。