by

使いやすさ

鍵を交換しようと思ったら使いやすさを重視して選ぶことが大切です。
最近は電子錠やカードキーがよく選ばれています。これから鍵交換しようと思っている人はとりあえず便利そうだからということで電子錠やカードタイプの鍵を選ぶ人も多いかもしれませんね。

しかし、電子錠やカードタイプの鍵が必ずしも使いやすいというわけではありません。
というのは、カードなどに使い慣れていないお年寄りにとっては使いづらい可能性があるからです。
お年寄りにとっては馴染みのあるシリンダータイプのほうが使いやすいということが多いです。

カードキーでよく使われているのがケイデンというメーカーのものです。ピッキングができなくなっていていますし、管理会社にしても鍵交換の手間が少ないということでメリットが多い鍵です。
しかし、磁石を使っているカードキーなので磁石が弱まると使えなくなってしまいます。また、クレジットカードと一緒に保管することはできません。

それに、カードを押し込んで回転させて鍵を開ける、という動作がお年寄りにとっては使いづらい可能性があります。

鍵は家族みんなが使うものです。性能がよい、最新のものを選ぶのもいいですが、まずは使い勝手を確かめてから選ぶことをおすすめします。
電子錠などはメーカーのショールームで使用を確かめることができます。お年寄りや子供がいるご家庭では一度使用を確かめることをおすすめします。